ビジネス細分化された敬語を使う

###Site Name###

対象が誰になるかをしっかり把握しようう。
一般的に敬語は、尊敬語、丁寧語、謙譲語の三種類にわかれますが、さらに細分化して、五種類に分かれる場合があります。

これは文化審議会が文化科学大臣に申答した尊敬の指針の中で提案された事柄。


丁寧語とされている言葉のうち、(お)や(ご)をつける言葉を美化語、謙譲語とされている言葉のうち、自分の行動を丁重に述べる言葉を丁重語として分かれる考え方です。美化語にあたるのは、ご飯やお料理、お弁当、など食べ物や物事を美化する言葉です。
一方、丁重語にあたるのは、(参る)や(ご存じ上げる)など自分について語ったり書き記したりする謙譲語です。


ただし、(~いたす)のような表現は、相手に対する行為とともに自分の行動についても丁重に述べているので、その使用場面によって謙譲語Ⅰとしても謙譲語Ⅱとしても分類されます。

ビジネスではおじち、あいさつのルールがあります。

あいさつは明るくビジネス仕事しやすい職場を作ります。
まずは自分から積極的に声をかけるのがビジネスマナーの第一歩です。
たかがあいさつとあなどるな。
会社でたくさんの人と円滑に仕事を進めるためには、あいさつで日常的にコミュニケーションをとることが重要です。

特に、外部から来社した人には自分の仕事とは関係がなくてもあいさつをすることです。

来客に対して全員が声をかける会社は好感をもたれ、信頼度が上がります。

いざというときに自然に声がかけられるように、普段から社内でのあいさつはきちんとしておきましょう。

ビジネスは上司、先輩に対して目上の人には、あいさつと一緒におじぎをします。
急いでいても必ず立ち止り、相手が通りすぎるまで頭を下げたままにすること。ビジネス直属の上司など一日に何度も会う人は会うたびに軽くおじぎすること。
お客様にたいして、お世話になっております。

と声をかけ、おじぎをします。


手が離せないときは目が合ったときに頭を下げるか、近くを通るときにあいさつをする。

ビジネスはあいさつから始まるのです。

http://nr.nikkeibp.co.jp/
http://www.meiji.ac.jp/koyuka/shikonkan/chinzan_so.html
https://www.youtube.com/watch?v=4l2EDcFF_bE